LOHASがテーマのエココミュニティモール「ecomo」。湘南からLOHASな街づくり。

ショップaHHHa Tel.0466-36-7383 レストラン Tel.0466-36-7385

けっこう近くでやってます野菜市

地元農家さん大集合

ecomoのある藤沢市には、自然の土壌の力と植物の個性を大切にして、農薬や化学肥料に頼らない「ふじさわやさい」を育てる農家さんが何人もいらっしゃいます。その繋がりは藤沢だけにはとどまらず、茅ヶ崎、寒川、綾瀬、伊勢原、横浜、秦野と広がり、中には地方で農家を営む方も。
ecomoはこの農家さんたちの想いに深く共感し、野菜や農産物をショップaHHHaで販売させていただいています。
そして、2011年からスタートした月に1度の野菜市は、つくる人とたべる人がつながる日。
それぞれ愛情を注いで育てた新鮮なお野菜をecomoに持ってきて農家さんが直接販売します。
日々、自然と向き合っている農家さんは人が現代社会の生活の中で、忘れかけている大切なことをたくさん知っています。
旬野菜はどんな食べ方が美味しいのか、食育や種の話、そして世間話まで、是非ともこの野菜市で農家さんと直接会ってお話をして、私たちのカラダをつくるお野菜のこと考えてみませんか?

※野菜市への出店は開催日によって変更しますので詳しくはお問い合わせ下さい。

2017年4月16日(日)11:00~15:00

1908435_740350006031169_1238875989673519517_n
『春の野菜市』
新年度 皆様 いかがお過ごしでしょうか?
出逢いと別れ、冬野菜の菜花とお別れし
春蒔きのフレッシュな野菜が登場しますよ。
今年も、張り切って いきましょー(°∀°)
 (にこにこ農園)
-「ふじさわやさいを作る仲間たち」の情報 – Facebookページができました。(2016.1月)
癒しのイベント Plow も同日開催予定!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 イベント時は駐車場が
 大変混雑することが予想されますので
 できる限り公共交通機関をご利用下さい。
 【交通アクセスについて】
 http://www.ecomo-lohas.com/access/index.html
 辻堂駅北口から
 「歩いて20分、自転車10分、バス5分」
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  • 相原農場
  • 相原農場
  • 相原農場

相原農場

藤沢市御所見地区/人参、大根、小松菜、玉ねぎ、じゃがいも、トマト、なす、いんげん、その他季節の野菜を幅広く約60品目栽培。

5代目農主茂行さんのお母様の病気をきっかけに安全な食の重要性を痛感し、約30年前より農薬化学肥料不使用の農業に切り替わりました。また希望者へ研修を行い、15年間で40人もの新規就農者を輩出。相原一家や研修生の明るい声がお野菜を更に美味しくしてくれること間違いなしです!

相原農場HPはこちら

  • にこにこ農園
  • にこにこ農園
  • にこにこ農園

にこにこ農園

藤沢市獺郷・葛原・宮原/米、さつまいも、ねぎ、レタス、なす、トマト、いんげん、モロヘイヤ、ハーブ類など(目指せ100品目)

エコモと同じ年にスタートしたにこにこ農園は農薬や化学肥料を使わず、昔ながらの製法で野菜を作り上げています。また以前は白浜の養護学校に勤めていたオーナー。養護学校に通う学生さんの進路が少ない現社会に疑問を感じ、彼らが卒業後に活動する場を提供したいという想いをもっています。
現在は葛原、獺郷に農場をもち、近隣の方々のコミュニティーの場として、皆様が気軽に参加できる農園作りを行なっています。

にこにこ農園HPはこちら

  • あんしんファーム

あんしんファーム

藤沢市打戻/小麦・じゃがいも・なす・ごぼう・アスパラガス・ピーマンなど

日々食べるものに農薬を使うことへ疑問を持ち、またオーナー本人がアレルギー体質だったことが切っ掛けで、耕作放棄地を使って安心して食べることができる野菜作りをスタート。原発事故後は、放射線の影響などにも目をそらさず、日々試行錯誤しながら野菜と土壌に向き合っています。

 

あんしんファームHPはこちら

  • 農園たそりあ

農園たそりあ

藤沢市御所見地区・綾瀬など/旬の露地野菜、在来種・固定種・海外のエアルーム野菜、ハーブ、米

がやして だてて ょうりして じわう

美味しい食べ物と自然が大好きなご夫妻は、「美味しいもの」を食べたい、多くの人に食べてもらいたいという考えから就農。一般的には出回らないような固定種のお野菜や珍しいハーブの美味しさも伝えてくれるグルメな農家さん。ふじさわやさい新規就農者の頼もしいまとめ役でもあります。

農園たそりあHPはこちら

  • 島次郎農園

島次郎農園

茅ヶ崎市芹沢/旬の路地野菜全般、ハーブ類、韓国・イタリア野菜

幼い頃から興味のあった農業を生業にすることを決意し、会社を辞め就農。虫や鳥、様々な生き物との共存を大切に、自然の生命力を生かした野菜作りを行っています。懐かしい日本の原風景を思い起こさせる島次郎畑では、夕日で赤く染まる空を見上げるのが最高に至福な瞬間だそう。

ホームページ
http://shimajiro.chu.jp/

 

戸松勇介

藤沢(大庭・稲荷・石川・亀井野)/米、大豆、麦、人参、じゃがいも、たまねぎ、旬の露地野菜

tomatsu02

◆自己紹介◆ 1977年 藤沢市大庭出身。
2009年 子どもの誕生をきっかけに食や環境などについて考えなおし、
日本人の主食であるお米を主軸に、子どもたちや地域の方に自信を持って
提供できるような農産物を作りたいと有機農業を志す。
2012年 地元藤沢で新規就農。
田んぼは5反。大庭を中心にあちらこちらに。
大変だけど、まだまだ増やしますよ!
2013年から餅も始めました。

田んぼや畑では、化学肥料や農薬、除草剤などに頼らない方法で栽培し、
自家製の堆肥や、肥料の材料には自分の圃場から出る副産物や
耕作放棄地などの雑草を利用して使っています。
昔ながらの発酵熱を利用した踏込温床で育苗する一方で、
田植えや稲刈りは機械化してなるべく作付するようにするなど、
臨機応変に頑張っています。

将来的には、有畜複合の有機農業で農場内の様々なものを循環利用して自給力の高い農家になりたいです。

  • ぽこるげファーム
  • ぽこるげファーム

ぽこるげファーム

茅ヶ崎市堤・藤沢市羽鳥/ミニトマト、どじょうインゲンなどの夏野菜、スイオウ、ケールなどの健康野菜を目玉にした季節の野菜と、土佐文旦、カボスなどの季節の柑橘類

2012年の3月から、ecomoのすぐ近くの畑で農業を始めました。
美味しくて安全な農作物をお届けするために、
農薬を含む薬剤はいっさい使わず、
使用する肥料も、*100%植物由来の材料から自作したもののみを用いて、
栽培を行っています。

マスコットキャラクターの『ぽこるげくん』と供に、野菜や果物だけでなく、簡単で美味しい食べ方もあわせてご提供していきます!

*(9割以上は『落ち葉』と『米ヌカ』を発酵させた堆肥を用い、必要に応じて『米ヌカ』『大豆かす』『油かす』『燻炭』などを低温で発酵させた肥料を使用しています)

  • 茅の和農場
  • 茅の和農場

茅の和農場

茅ヶ崎市赤羽根、下寺尾/ニンジン、ジャガイモ、カブ、ナス、ピーマン、ミニトマト等旬の露地野菜

私は茅ヶ崎で生まれ育ったのですが私が子供の頃の茅ヶ崎は、国道一号線より北側にはかなりの田んぼや畑が残っていました。幼い頃に遊びまわっていた田園風景がすごい勢いで変わって行くことに寂しさを感じなんとなく農業に興味を抱くようになったのですが、実際「農業にチャレンジしてみよう!」と思った直接のきっかけは2011年の「東日本大震災」です。
あの震災直後から数週間スーパーやコンビニの食品棚から食品が消えたのを目の当たりにした時に、現在の流通システムの脆弱性や地産池消・地域コミュニティーの重要性を感じ、自分自身でその一端を担いたいと思い2014年7月から茅ヶ崎で農業を始めました。

単に消費者が安心して食べられる野菜を作るという事だけでなく、有機農業を通じて「人と人」「人と地域」「人と自然」が繋がれるような農場を目指して行きたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします!

茅の和農場のFacebookページはこちら

  • 柿右衛門農園

柿右衛門農園

藤沢市打戻、獺郷/旬の露地野菜

相原農場にて研修後、2014年7月より就農しました。
甘い=おいしい野菜ではなく、五味がしっかりと感じられ、季節を感じることのできる野菜を、無理せず、自然の力を活かして作っております。

固定種・在来種を中心とした個性豊かな野菜達なので、ちょっと料理し難いかもしれませんが、一度はまると病みつきになります(笑)

一度、ご賞味ください。

柿右衛門農園のFacebookページはこちら

  • 八木 努
  • 八木 努

八木 努

茅ヶ崎市萩園、藤沢市獺郷/旬の露地野菜いろいろ

20年間の会社員生活を経て、2012年から修行をはじめ就農。
子供の頃から野菜嫌いで会社員時代も肉ばかり食べていたがなぜか野菜作りの世界に。

今では野菜のおいしさを知ってしまい食生活が真逆に。おかげで体重も三桁から二桁に。
(ただし、今でもトマトだけは食べられません)

無農薬、無化学肥料はもちろん。
とにかくお客様に『おいしい』と言っていただきたいので品種や肥料、栽培法にもこだわっていきます。

  • 豊郷農園

豊郷農園

藤沢市遠藤/四季折々の旬野菜

野菜本来の味わいや、栄養価の高い野菜は、健全な土壌で育まれます。健全な土壌とは草や、小動物、虫、微生物、菌類など全てのものが関わりあう共存共栄する関係ができているところです。化学肥料、農薬など使用せず、草は抜かず、土は必要以上に動かさず、生き物の生活圏を守ることが豊かで健全な土壌を形成します。この豊かで健全なところで季節に沿った野菜を、真心こめて作っています。
  • イマハ菜園

イマハ菜園

藤沢市獺郷、茅ヶ崎市芹沢 旬の露地野菜

2015年4月に農の仕事に就きました。

それまでは会社員をしながら趣味でやさい作りを行っていました。
名前の通り家庭菜園の延長上として、やさい作りを行っています。
自分が食べたい野菜や珍しい野菜、また昔からの伝統野菜を中心に栽培しています。
また、果樹を植えましたので数年後には実がなればいいなと思っています。
楽しく健康なやさい作りを心がけています。

イマハ菜園ホームページはこちらから。

エコモ

地球にやさしく、みんなが健康で笑顔に
なるライフスタイルのヒントが見つかるお店